サーイドゲッタン(幸せたくさん)を目指して(加藤隊員は帰国しました)

RSS

加藤 奏太
愛知県

タイプ/職種
青年海外協力隊
小学校教育
派遣国
中東・欧州
エジプト ギザ県
一言メッセージ
世界中のどこだろうが、子どもに対する大人があるべき姿勢は変わらないはず。『きっと幸せは ほんのわずかな愛を見逃さないこと』心に熱さと余裕を持って、頑張ります。

 

奏でよ!「アッサラームアレイコム」

2019.01.10

活動

授業がはじまると、日本ではもちろん、あいさつをします。

でもこっちには、そんな習慣はありません。

でも、なんだか大事な気がするんです。

休み時間はふざけていても、授業中はしっかり。

休み時間は気が抜けていても、授業中はある意味本気でふざける。

その切り替えは、子どもたちだけでなく、先生も必要なんです。

エジプトでは、私は、

「アッサラーム アレイコム」と声をかけることが、授業の始まりの挨拶としています。

そうすれば、子どもたちは、「ワ アレイコム アッサラーム」と返してくれます。

そこから一気に、さあいくぜ 

美しいことばだと、思っているんです。

「アッサラーム アレイコム」

アラビア語が伝わる地域では、伝わると思います。

すごくすごく意訳していうと、

「あなたの幸せをお祈りしています。」

みたいな感じでしょうか。(イスラム教の言葉です。)

さあ今日も、

「アッサラーム アレイコム」

みんなの笑顔の花を、咲かせますように。