エチオピアから宇宙を目指すのはおかしいことか(桂隊員は帰国しました。)

RSS

桂 武邦
滋賀県

タイプ/職種
青年海外協力隊
理科教育
派遣国
アフリカ
エチオピア 首都アディスアベバ キルコスサブシティ
一言メッセージ
子どもたち自身が理科の実験をできる環境を作り、将来の夢の選択肢を増やせる手伝いがしたい。 がんばります!!!

 

活動のクライマックス!(①科学館見学)

2017.06.01

活動

私は科学館が大好きです。

皆さんは行ったことありますか?楽しいですよね。

親子で良し、デートでも良し、しかも楽しみながら学べるという

なんとも素敵な施設です。

日本にはなんと160館以上もの科学館があるみたいです。

子どものときに科学を楽しんだ経験が将来の夢につながる!

と私は信じているので、

なんとかこの科学館のような、科学を楽しめるような催しをしてみたいと

思っていました。

すると、なんとエチオピアにもただ1館あるではありませんか!

しかも配属先である首都に!

しかも先輩隊員の方が任地変更でそこで活動することに!

このチャンスを逃してはいけないと思い、動き出しました。

理科の先生たちに「なんかいいとこあるらしいよ」と何気なく広め、

中間発表でも副校長が見てる中で科学館の素晴らしさを語り、、

毎年恒例のサイエンスエキシビション(次の記事で説明します)

とも絡めることで、、、

やっと実現しました!!

当日はバスをチャーターし、生徒約50名と引率教師1名

小旅行気分で出発!

生徒にとって初めての経験なので、展示を壊してしまわないか

ひょっとしたら興味持たないんじゃないかと不安でしたが、

アムハラ語の解説を一生懸命メモする生徒や

何度も同じ展示を試す生徒、

記念撮影する生徒もいて

みんな全力で楽しんでいました。

帰り学校に着いてから生徒に、

「貴重な体験させてくれてありがとねー」と何気なく言われた一言が

とても嬉しかったです。