ボールが繋ぐ日本とアフリカ ~Enjoy Football~(小池隊員は帰国しました。)

RSS

小池 庸介
大阪府

タイプ/職種
青年海外協力隊
青少年活動
派遣国
アフリカ
ケニア カカメガカウンティ カカメガ
一言メッセージ
「サッカーを通して、アフリカの教育に貢献する」この想いの下、生徒とボールを追いかける毎日です。

 

折り返し地点

2016.10.12

活動

ケニアでの活動も折り返し(1年)を迎えました。

長かったようで短かった。短かったようで長かった。
どっちにも感じる1年でしたが、やっぱりあっという間の1年だったなと感じます。

そんな一つの節目に差し掛かった私はというと、3つの場所にて中間報告をさせて頂きました。

※中間報告とは
活動1年を終えたJICAボランティアが自身の活動について報告するもの。
自身の活動を振り返ると共に、同僚や関係者からフィードバックをもらう機会でもある。

1回目:JICAオフィスにて、JICA職員と同期隊員へのプレゼン
2回目:配属先にて、同僚スタッフへのプレゼン。
   普段働いている面々に対してなので、一番緊張した。
3回目:児童局本部にてプレゼン。新隊員の表敬訪問も兼ねて(1枚目の写真参照)

プレゼンは、

◆これまでの活動報告
◆今後やりたいこと(提案)と実現に向けての課題
◆質疑応答

という、大きく3つのパートに分けて行いました。

提案に対して前向きな意見を頂くこともあれば、否定的な意見も頂きました。
何より、母国語以外で細かなニュアンスを伝える難しさを痛感しました。
ともあれプレゼンは無事終了。

最初の1年間はマンパワーとしてやれることをやってきたけど、
後半戦はスタッフを巻き込むことを意識して何事にも取り込んでいければと思います。

おそらく、これからの1年はもっと短く感じる。
月並みな言い方ですが、1日1日を大事に過ごしていきたいと思います。