JICA海外協力隊の世界日記

マダガスカルからマナオーナ!

#啓発キャラバンを始める②

マナオーナ!
前回の続きです。

記念すべき第一回保健啓発キャラバンは、看護師隊員が一人いるアンバトランピという任地で行われました。

首都からバスで二時間。
標高は1600メートルを越えていて、隊員が住んでいるなかで一番寒い任地と言われています。

移動を除き、二日間の日程で行われたキャラバン。
一日目は隊員が活動する保健センターと、集客が多そうな市役所の二ヵ所でプログラムを行いました。

手洗い~離乳食について~離乳食デモンストレーション~7色栄養素について~家族計画
を一時間ほどかけて、それぞれの役割で啓発していきます。

それぞれ準備はしていたものの、通してやるのは初めてだったので、どうなるかやや不安はありましたが、さすが一年以上マダガスカルで活動してきた仲間たち。
しっかり仕上がっていました!

手洗いダンスを踊ったり、レシピや離乳食を売ったり、住民を巻き込んで栄養や避妊について考えたりと盛りだくさんなプログラム。
午前と午後、全て終わった時点でみんな疲労困憊。
明日に備えて早めに就寝したのでした。
(寝ようと思ったら7時半でした、はやっ)

そして二日目へ...

SHARE

最新記事一覧

JICA海外協力隊サイト関連コンテンツ

  • 協力隊が挑む世界の課題

    隊員の現地での活動をご紹介します

  • JICA 海外協力隊の人とシゴト

    現地の活動・帰国後のキャリアをご紹介します

  • 世界へはばたけ!マンガで知る青年海外協力隊

    マンガで隊員の活動をご紹介します

TOPへ