まるタイ日記(丸山隊員は帰国しました。)

RSS

丸山 栞
東京都

タイプ/職種
青年海外協力隊
日本語教育
派遣国
アジア
タイ トラン県 ムアントラン郡
一言メッセージ
縁あって2度目のタイ。1度目のときに住んでいた東北部とも比較しながら、南部の暮らし、タイのあれこれをレポートしていきます。

 

菜食週間

2017.10.20

文化 生活

町中に黄色い旗がなびく季節となりました。タイでは、旧暦9月1日からの9日間が菜食週間にあたり、今年は10月20日から28日まで実施されます。もともと中国から伝わってきた風習ということもあり、華僑の多いプーケットなど、タイ南部ではとりわけ盛んにおこなわれているようです。菜食週間中、ほとんどの飲食店はベジタリアンフードを販売します。スーパーやコンビニでも、菜食対応のお弁当、カップヌードル、おかし、調味料などが売られます。乳製品や卵も食べてはいけないので、わたしのお気に入りのケーキ屋さんも、ここ数日は店を閉じています。

いつもは閑散としている三法師祖廟(中国式神社)も、菜食週間にはにぎわいを見せ、周辺にもたくさんの出店が並びます。白装束をまとって、家族や友達と参拝する人たちも多く見かけました。境内の広い食堂では、おばさんたちが包丁を手に、大量のレタスや冬瓜を刻み、精進料理を作っていました。精進料理は、信者のために無料で提供されます。

境内では、こんなものを見つけました。和製クリスマスツリーのような見た目で、金色や銀色の紙を折って作られています。40cmくらいの小さいものから、1mくらいの大きいものまで、サイズもさまざまです。これを燃やして、天にいるご先祖様に金銀やお金を届けるそうです。中国文化が色濃いのもトランの特徴。この“天界へのお届けもの”も、祖先が守り伝えてきた文化を受け継いでいる証しといえましょう。