コンポントムびじょん

RSS

舛屋 彩子
秋田県

タイプ/職種
青年海外協力隊
観光
派遣国
アジア
カンボジア コンポントム州コンポントム
一言メッセージ
カンボジア第三の世界遺産「サンボープレイクック遺跡」を擁するコンポントム州の魅力が少しでも皆様に伝わりますように。

 

#18 新しい視点から・・・昆虫ツーリズム?〜養殖コオロギ編5・産卵&ベイビー編〜

2019.10.02

活動

【虫苦手な方は注意!】

先日、またまた機会がありまして

おなじみコオロギ養殖場に行ってきました。

かれこれ5回目です。

今回はなんと43日目のコオロギ達に遭遇できました。

一体この時期のなにが特別かというと、

理由はこれ・・・

(上部画像参照)

コオロギの産卵です。

大きな養殖桶に、

湿らせた灰を入れたお皿を20個ほどセットするとのこと。

メスがお尻にある産卵管を灰に差し込み、産卵します。

通常40日目の日中に産卵するらしいのですが

個体差があるのでしょうね。

43日目でも運良く見れました!

ここでご一緒した方から質問がありました。

「コオロギは生まれてから養殖桶に放つ?

 それとも卵のまま桶の中で産卵を待つ?」

なるほど、これは確かに聞いたことがありませんでした。

オーナーさんによると、

産卵後、暗いところで1週間ほど卵を保管したのちに、

卵の産み付けられた灰を袋に包みます。

(ここでは、米袋や飼料の袋などを利用していました)

そしてその袋を養殖桶に移し、1~2日。

開封すると・・・

養殖サイクルのはじまりはじまり、です。

そう、運が重なり

1日目の新生コオロギたちにも対面できたのです。

一見するとアリのようですが、

しっかりとコオロギの形をしています。

白いものと黒いものがありますが

白いものもだんだんと黒に変わっていくそうです。

「最初は柔かい野菜などを与えるんだよ~~」

とのことでした。

来るたびに成長度合いが異なるので

新たな発見があって面白いコオロギ。

次は収穫の瞬間に立ち会いたいと願いつつ、

養殖場をあとにしました。

いつも暖かく迎えてくれる

養殖場の家族のみなさんには感謝です。

お客さんを連れていったときの現地の方の笑顔が

個人的に一番嬉しいタイミングでもあります。