どこですか パナマ(三國谷隊員は帰国しました。) ※内容は執筆当時のものであり、現在の状況とは異なる場合があります。

RSS

三國谷 真喜子
北海道

タイプ/職種
シニア海外ボランティア
小学校教育
派遣国
中南米
パナマ べラグアス県 サンティアゴ市
一言メッセージ
生まれてから50年、北海道にしか縁のなかった箱入りおばさんです。小学校教諭としての経験をベースにパナマの算数教育に関わっています。

 

同期

2016.10.02

見知らぬ土地で暮らすJICAボランティアにとって、ボランティア仲間は頼りになる存在です。特に、一緒に日本での訓練を受け、一緒に赴任した同期は心の支えとなります。 

平成26年9月に派遣された私たち3人。シニア2人、若者1人という組み合わせだったことでに、あちこちで家族と間違われ、いつの間にか自分たちでも家族のようにふるまうようになりました。

女2人は職種が同じだったこともあり、いろいろな話をする機会がありました。若い彼女からたくさんのことを教えてもらいました。

そして、この9月、彼女の本当のお母さんと妹さんがパナマに来てくれました。お2人が来るまで、「どこを見せようか」「何を食べてもらおうか」「ちゃんとパナマに着くだろうか」と悩み通しの彼女でしたが、元気な姿を見せられたことが何よりの親孝行となったことでしょう。

23回のセミナーで、568人もの教員に日本の教授法を伝えるという離れ業をやってのけた彼女。先生としての実力と人間としての魅力が輝いていました。

先週初め、明るくパナマから飛び立った枝里ちゃん。

楽しい2年間をありがとうございました。

さて、SV2人は任期がひと月ほど延長になり、まだパナマにいます。独り立ちする娘に取り残された感がありますが、元気に残りの任期をすごしたいと思います。