自由人×ソフトボール in ボツワナ(中村隊員は帰国しました)

RSS

中村 藍子
千葉県

タイプ/職種
青年海外協力隊
ソフトボール
派遣国
アフリカ
ボツワナ ハボロネ
一言メッセージ
直感赴くままに行動してきた人生。協力隊としてボツワナに着地中。人との出会いが己を輝かせることを気づかせてくれたのは人。ここにまだ居たいと思わせるのもまた人。

 

東京五輪アフリカ予選1位通過!7月ヨーロッパ予選へ第一代表として!

2019.05.12

ソフトボール 人 文化 活動 生活

順位決定戦 対 南アフリカ(前日は7-8で惜敗)

本日、5回8-1のサヨナラコールド勝ちで一位代表確定しました!

最優秀投手はボツワナ期待の新エースが、首位打者はボツワナのキャプテン37歳が獲得しました☆

※写真はメダル授与までに他の三か国(南ア、ウガンダ、ナイジェリア)がアーチを作ってくれたところです。

今日出発前に一人一人と(時間が無くて2人ほど出来なかったのだが…)コーチ陣で面談。

今回の監督さんの指導力は今まで関わった監督さんの中で確実に一番だなと感じます。

モチベーションの上げ方も、技術も、この国に限ればトップ。ぜひ今後も高めて欲しいです。

また今回の監督さん、マネージャー、カウンターパート、私の四人が良い雰囲気でチームをサポートできたのも勝因の一つかなと。

人をどう使うか、どう使ってもらうか、バランスが大切と改めて学びました。

また、大会の結果とは別に、なにより私を嬉しくさせたのは試合後のベンチでした。

ゴミ1つなく、綺麗にしてくれた行動が優勝よりも心に残るかもしれません。

私がチームを離れた後もぜひ続けて、次の世代へ引き継いでくれたらと願って止みません。

さて、今回のアフリカ予選突破が私の大きな活動の最後になりそうです。

期待より素晴らしい活躍を見せてくれた選手たちに感謝です。

また、今回の大会期間中、南ア、ナイジェリア、ウガンダのコーチ陣それぞれが私のようなソフトボール指導者を是非自国へ呼びたいという話を何度も頂きました。

今後、彼らがどのようなアクションを取るかは未知ですが、ソフトボール選手を引退して日本でくすぶっている私のような人たちが

“アフリカを強くしたい!” とぜひ日本を飛び出して行って欲しいと願います。

※写真下は今大会MVP、ウガンダのホープ若干16歳のショートストッパー。ウガンダ、強くなると思います。