朝5時から拡声器で象と人生について話を聞く日々

RSS

清水 啓
埼玉県

タイプ/職種
青年海外協力隊
青少年活動
派遣国
アジア
ミャンマー マンダレー管区マンダレー市
一言メッセージ
マンダレー少年訓練学校で活動しています。日本の少年院で働いた経験と視点から比較して、観察していきます。

 

得度式

2019.06.04

私の配属先はマンダレー少年訓練学校というミャンマーにおける言わば少年院のような存在です。

そこに定員200名(日本の1人2畳の計算だと定員は100名程度)のところに350名の18歳までの子どもが収容されています。職員はわずか20名ほどで対応しており、教育活動を充実させることが困難な状況にあります。

そこで、私は教育活動を充実させることを中心に行っています。

今回はミャンマー語で言うところのシンピューポェ、日本語で言うところの得度式が行われました。

ミャンマー語ではもちろんのところ、日本語で説明されてもいまいちピンとこないのですが、簡単に言うとプチ出家といったところです。

私の学校の子どもたちが50人ほど選ばれて1週間ほど出家をすることになったのです。

なんと、その予算はドネーションと政府の予算から支出されます。政教分離という発想とは別の考え方ですね。

子どもたちに出家前にマンダレーで一番有名な寺であるマハムニパヤーとマンダレー山に行ってお参りをするという儀式ですが、

写真のようにやたらと派手な衣装と化粧をするのです、

その化粧はなんと朝2時から行われました。

僕は化粧は残念ながら得意ではないので、それでも4時半には集合して、手伝えることを探しておりました。

が、特になし。というか、役立たずですが、邪魔にはならないように努めました(笑)

朝7時ころからバスで先ほどの二つのお寺を回り、いよいよ、出家をするお寺に入ったところで、

次回にまた続編を投稿いたします。