セネガル日記

RSS

玉山 景子
青森県

タイプ/職種
青年海外協力隊
小学校教育
派遣国
アフリカ
セネガル ティエス州ティエス県ティエス市
一言メッセージ
教員10年目、現職参加でアフリカへ!教員の卵の学生や子供達のために奮闘する毎日です。文化、生活、活動…セネガルの日々をお届けします。

 

誕生祝い

2019.04.30

文化

隣の家の家族に、赤ちゃんが生まれました。

男の子です。

上の写真は、生まれてちょうど7日後に行われる命名式の時のもの。

生まれたばかりの割に、眉毛が濃いです。これは、自然なものではなく、描いてもらっています。赤ちゃんの眉毛を描くことはよくあり、「どうして描くの?」と尋ねると、「ないから」とシンプルな答えが返ってきました。

2枚目は生まれて2日後の写真。

月曜日に病院で生まれ、お母さんと赤ちゃんは火曜日には退院したそうです。

髪の毛がたっくさん!

でも、7日後の命名式の時にはきれいに剃られていました。「どうして、剃ったの?」と尋ねると、「かっこいいから」と返ってきました。

ご近所さんの出産ということで、お祝いをあげたいなと思い、いろいろな人に誕生祝いは何がいいのか聞いてみました。聞いた人全員に共通していたのは、

・石鹸、洗濯洗剤、漂白剤

・最大で5000f=1000円分 

でした。それに加え、

・オムツもいい 

という意見も。ということで、石鹸、洗濯洗剤、漂白剤、液体洗剤(漂白剤を買おうとしたらこれでしたが、せっかくなので入れました)、オムツを買いました。

全部で約3000f=600円。

こぎれいな袋に入れて、お母さんに渡したら喜んでいました。

命名式では、朝のうちに名前が発表されるようです。

私はその瞬間を見逃してしまったので、セネガル滞在中に見たいと思っています。子どもがたくさんいるので、叶いそうな気がします。