Toluca滞在日記(酒井隊員は帰国しました。)

RSS

酒井 学
(埼玉県)

ボランティア/職種
シニア海外ボランティア
品質管理・生産性向上
派遣国
中南米
メキシコ メキシコ州トルーカ市
一言メッセージ
トルーカ市近辺の大学を渡り歩き、品質・生産性の改善活動について企業支援と学生に講義などを行っています。

 

3校目の赴任先大学(TES Jo)

2017.05.03

活動 生活

3つ目の大学の話です。TES Jocotitlanといいます。.

学科はエレクトロメカ、産業、システムコンピュータ、
メカトロ、会計、建築、経営管理、化学、材料の9学科です。
場所はTolucaから北へ約1時間のところにあります。
Jocotittlanという、人口7万弱の小さな町のはずれにあります。
毎日の通勤が大変でした。期間は 2016年10月から12月までです。

ここでは、メキシコの通信分野の大企業IUSAの支援と学生向けの講演活動が中心でした。
最初の1か月ほどは、同大学(TESJo)を状況を調べて、その後学生向けの講演資料作りです。併せて企業支援の資料作りも行いました。
IUSAは電気部品・材料と各種の製品を作っています。
碍子・電線・電気工事の配線部品から太陽電池・電力計などです。電力計のメキシコでのシェアNo.1。それぞれの家の前に設置されている、丸い 液晶表示タイプです。
この工場がTES Joのすぐそばにあります。各工場を見るだけで1日がかりでした。
3ヶ月で企業支援などできそうにありません。しかも 大企業、歴史もあります。
今回は、品質スタッフに講演することにしました。
また、ここでも 学生向けを中心に 講演を継続しました。


ここでの思い出は
今回学生と一緒に学内の催しに参加したことです。死者の日(11月2日は休日です)の前日が大学は休業、1日中学内で、お祭りです。学内マラソン、お供え物の学科別展示、音楽会、仮装パーティなど いっぱいです。 

メキシコの死者の日は日本のお盆のようです。
お供えを学科別に作成し、その展示を行っています。学科別対抗です。
英語のクラスと一緒に日本のお盆のお供えを作成しました。灯篭、提灯
お墓の模型、なすを使ったお供えなどです。
各科それぞれ工夫をこらして メキシコ伝統のもの 骸骨
エジプトのピラミッドなどいろいろあります。
学長にくっついて全部見て回ると1時間以上かかり、面白いけど疲れました。