ユメニカケル~日々是気付~

RSS

酒井 知美
(長野県)

ボランティア/職種
青年海外協力隊
看護師
派遣国
大洋州
トンガ エウア島
一言メッセージ
トンガ王国の首都があるトンガタプ島から南東に40キロほど離れたエウア島で暮らす看護師。日々の小さな気付きから発信していきます。

 

オープニングセレモニー

2018.11.02

人 文化 活動

10/20に私の配属先である、エウア島唯一の国立病院であるニウエイキ病院のリニューアルオープンセレモニーが行われました。

今年の2月中旬にトンガタプ島とエウア島を中心に襲ったサイクロン「GITA」の際は避難指示が出され、避難生活もし、サイクロンが過ぎ去ったあとには、停電、断水が長期間に渡りあった時期がありました。今でもそのときにいた隊員同士で話すときは「あのサイクロンの時は・・・」と話題が上がるほど、とても記憶に残る出来事でした。

そう、そのときに壊れた病院の修理がやっと終わった!

という話ではなく()

その2か月後に起こった出来事でした。

サイクロン「GITA」からいくつか後、勢力が大きくないサイクロンがトンガの近くを通過した時でした。

注意喚起を受けていたので夜の雨風はすごかったものの、朝起きると電気は付くし、水道も出る、ネットも繋がる。今回はそんなに大きくなかったんだ!よかった!と安心していました。

でもまだ雨脚は強かったので、とりあえず病院に電話をかけてみたところ、

なぜか繋がらない。

「あれ、なんでだろう」

とりあえず、雨脚も弱まり、その日は週2日の糖尿病・高血圧クリニックだったので、病院に行ってみたところ、

着いた途端、なぜか異様な雰囲気が流れており、何が起こった?と思って病院の中に入ってみたら、

病院の中の窓は割れ、床は水浸し、屋根は崩れ、電気は付かず、、

何が起こった?!?家から病院までの道のりで木々が倒れたり、家が壊れている様子を目にすることはなかったのに・・・

原因は《トルネード》が病院に直撃したそうです。

トルネードなんて、テレビの衝撃ニュースというような番組で取り扱われるようなものだけかと思っていました。サイクロンに伴い、雷が鳴るような大気が非常に不安定なときにトルネードはよく起こるもの(トンガの気象SVさんより)と聞き、納得。

しかしそこからがトンガ人の底力でした。

その日に自分たちで近くのミドルスクールに入院患者や外来を移し、週明けにミドルスクールの授業が始まるということで、土日で近くのコミュニティーホールに移し、あっという間に病院の拠点が変わりました。そして、病院の修理もすぐに始まりました。

前置きがとても長くなってしまいましたが、

それから半年・・・

聞いていた修理期間より、とても長くなった気はしましたが

そこはトンガです(笑)

オープニングセレモニーの前日の夜中から朝までスタッフたちは準備に追われ、会場の設営、装飾が行われました。集合時間に行った私ですが、まだ準備途中。私も装飾の手伝いをしました。

前日に明日は赤の衣装を着てくるのよ!と同僚に言われ、私も赤のプレタハ(トンガの女性の民族衣装)を着ました。

3010185.jpeg

トンガの伝統のダンスであるタオルンガも病棟看護師が代表して踊っていました。タオルンガを踊る人は体中にココナッツオイルを塗っていて、踊っている女性へのお礼をの意を込めて、観客がお金を貼っていきます。

無事に病院のセレモニーが終わり、先週から病院での診療が始まり、活気が戻ってきています。