モロッコ・ノスノス日記

RSS

ハ下田 侑恵
(栃木県)

タイプ/職種
青年海外協力隊
美容師
派遣国
中東・欧州
モロッコ シディカセム県
一言メッセージ
初めて体験するイスラム文化での生活や、美容師の卵たちと繰り広げるモロッコ美容情報をご紹介していきます。

 

ラマダン・時間

2019.05.30

文化

前回は、「モロッコの時間」主にタイムゾーンについて、お話しました。

今回は、「モロッコのラマダンの時間」について、お話していきます。

上の写真は、午前中のカフェとハヌート(モロッコのコンビニのような店)の様子です。

モロッコのお店は、通常日本よりも遅い時間から営業するイメージを私は持っています。

ただ、この2つの業種だけは朝7時ごろから営業しており、いつも早くからお仕事しているのだなと思っていました。

そして、どこも繁盛しています。

『ラマダン』期間中は、様々な仕事の就業時間が変更になります。

日中は飲食ができないので、カフェの営業は日没後からです。

他のお店も14時ごろ行くと閉まっていることが多いので、15時ごろから徐々に開店し始めるようです。

人々が動き出す、夜に合わせて営業しています。

私の活動も例外ではなく変更されます。

お店とは逆の時間変更です。

通常、9:00〜11:30と14:30〜17:00の授業時間となっており、午前と午後で2時間半ずつなのですが、

『ラマダン』期間中は、9:00〜14:00の昼休憩のない授業時間になっています。

昼食を食べる人が誰もいないのだから、その時間を除くというのは、とてもシンプルな考え方なのかもしれません。

しかし、授業の質が変わるなと思っています。

もともと私のセンターでは、授業中に5分休憩などの休憩時間がありません。

日本の専門学校では、当たり前の休憩時間がないのです。

生徒のオン・オフの切り替えが難しいように思っていますが、日本の専門学校と違い、生徒同士が練習台になるので、授業時間内に、「やる側」と「やられる側」になることで、成り立っているように思います。

『ラマダン』期間中の5時間授業となると、話は変わってきます。

講義と実践など、先生も工夫を凝らしますが、飲まず食わずで、しかも5時間通しでの授業は、集中力が続きません。

休み時間があれば良いという問題でもないように感じます。

私は、まだまだ『ラマダン』初心者なので、集中力が切れやすいのかもしれません。

ただ、同僚の先生も生徒もいつもの60%くらいのエネルギー量な気がします。

『ラマダン』期間中60%のエネルギーで生活するというのも、イスラム教の文化ではないかと思っています。

14:00に仕事が終わることは、ちょっと嬉しいです。

しかし、お店も営業しておらず、何も口にできないので、できることは1つしかありません。

「昼寝」です。

寝ていれば、飲食しないし、時間は勝手に過ぎてくれるし、一石二鳥なのです。

フランス語やダリジャ語(アラビア語モロッコ方言)の勉強をすれば良いのにと思うことは何度もあるのですが、午後にはエネルギーが残っていません。

暑い日は、活動先から自宅に帰るのさえ、倒れないかなと心配しています。

日没後は、待ちに待った動き出す時間です。

カフェも大盛況です。

近所のハヌート(モロッコ版コンビニ)も通常は20時くらいまでですが、24時くらいまで営業しています。

『ラマダン』を経験して、食べること飲むことは本当に大切なことだなと実感しています。

『ラマダンの時間』は、日没を知らせるアザーン(モスクからのお祈りの時間を知らせる放送)が中心になっているように思います。

日没までどう過ごすのか。

イスラム教徒の方は1日5回のお祈りをしているので、私とは感じている『ラマダンの時間』が違うかもしれませんが、ラマダン初心者であり、なおかつイスラム教でない私にとっては、日没を知らせるアザーンが『ラマダンの時間』の全てと言っても過言ではないくらい重要だと思っています。