モロッコ・ノスノス日記

RSS

ハ下田 侑恵
栃木県

タイプ/職種
青年海外協力隊
美容師
派遣国
中東・欧州
モロッコ シディカセム県
一言メッセージ
初めて体験するイスラム文化での生活や、美容師の卵たちと繰り広げるモロッコ美容情報をご紹介していきます。

 

ラマダン初心者

2019.06.12

文化

2019年6月4日に、モロッコの『ラマダン』が終わりました。

今回は『ラマダン』期間中に、モロッコで生活していた私の体験記をご紹介したいと思います。

『ラマダン』の始まる2週間くらい前から、同僚や友達と話をしていると、いつの間にか『ラマダン』の話になります。

いつでも話題の中心になるほど、『ラマダン』はモロッコの人々にとって重要なのです。

私がモロッコを希望した理由の1つに、「イスラム文化を理解したい」という想いがありました。

『ラマダン』を経験することは、その機会だと思っています。

私は、何をどうするのか、全くわからない『ラマダン初心者』です。

話題が出るたびに、私も『ラマダン』に参加する宣言をしていました。

その度に、皆が揃って「難しいよ。初めてには無理よ。」と言われていました。

いつも優しい同僚に、否定されるなんて思ってもいない私は、驚き少しショックを受けました。

『ラマダン』が始まって、10歳前後の子どもが日によって、断食したり、しなかったりと徐々に慣らしていくことを知りました。

モロッコの大人は、何度も『ラマダン』を経験し、習慣を習得したのだと知りました。

そう思うと、『ラマダン』を難しいと言った同僚の気持ちが少しわかった気がします。

上の写真は、誰でもフトール(その日初めての食事・日没後の食事の意味)を食べることのできる会場の様子です。

様々な場所で、施しが行われています。

とても素敵な文化だと思います。

人生の中で、食事制限は病院の検査前にあったことはありますが、水も制限されるなんて初めてのことです。

しかも、ひとり暮らしの部屋の中で、断食している事を誰が証明してくれるのかな?と思っていました。

私の『やる気スイッチ』であるメイクが、『ラマダン』期間中はできません。

ノーメイクで過ごします。

ノーメイクの私を見た人は、「断食してるの?」と聞いてきます。

「そうだよ。」と答えたい私は、断食をします。

断食を証明してくれるのは、自分自身だったのです。

(ここで「神」とならないところが、イスラム教徒との違いかもしれません。)

『ラマダン』期間中の1番重要な事は水分補給です。

日没後は、オレンジジュースなどで喉というよりも体を潤し、就寝前は時間の許す限り、水を飲んでいました。

5時間くらいの間に2リットル以上の水分を補給すると、トイレとのイタチごっこになります。

睡眠時間を削ってでも、明日の自分のために今できる事を出来る限りやるというのは、初めての経験でした。

『ラマダン』期間中は同じような食事を、毎日食べました。

日によって少しずつ変わりますが、バリエーションは少ないと思います。

それだけ効率の良い食事なのではないかと思います。

右下の赤い食べ物だけは、私が独自に食べていたデザートです。

飲水で水分補給するよりも、固形物の方が保水効果が高いのではないかと工夫してみました。

その効果は不明ですが、『ラマダン』の断食・飲水しない・ノーメイクをやりきる事ができました。

『ラマダン』明けの初出勤では、みんながお祝いの言葉を掛け合い、

40度を超える日が数日あった2019年の『ラマダン』を「難しかった」「辛かった」と表現していました。

どんなに経験を積んでも、難しい・辛いと感じる『ラマダン』を共に乗り越えた事で、喜びを分かち合えて、とても嬉しかったです。

頑張ってよかったなと今は思います。