ぐあぐあ日記enエクアドル(粟島隊員は帰国しました)

RSS

粟島 実穂
愛知県

タイプ/職種
青年海外協力隊
幼児教育
派遣国
中南米
エクアドル ピチンチャ県キト市
一言メッセージ
愛知県瀬戸市の公立保育園の保育士です。そこで出会った南米出身のこどもたちの存在がきっかけとなり、現在はエクアドルの首都キト市内の幼児センターで活動中です^^

 

*セマナ・サンタ*

2019.05.10

文化

¡Hola! こんにちは(^^)/

今日はセマナ・サンタについてご紹介したいと思います!

セマナ・サンタとは「聖週間」という意味で、イースター(復活祭)のことをスペイン語圏ではこう呼び、十字架に架けられて死んだイエス・キリストが三日後に復活したことを記念・記録するキリスト教において最も重要な祭りだそうです。カトリック教徒の多いエクアドルでも、この時期が来ると教会でコンサートや、キトの旧市街でパレードが行われるなど、街が賑やかになります。

このパレードは、キリストの処刑の様子や受難が再現されています。紫色の服に身を包み喪に服している人々や、大きな十字架を背負った人、手や足に手錠をかけられた人など、様々な形でその受難の姿が表わされていました。この日本では見られないであろう独特の雰囲気と、何より驚くのはパレードの列の長さ。終わりが見えないくらい、物凄い人数で作られた圧巻のパレードでした。

パレードを見るために集まった人の人数も多く、普段から賑わってる旧市街が更に多くの人で埋め尽くされていました。観光客も多かったのですが、私の隣でパレードを見ていたご家族はエクアドルの方だったようで、パレードの列が近づき、演奏や歌が聞こえてきたら、バッグから十字架のネックレスを取り出し、それをぎゅっと握りながら聖歌を歌っておられました。エクアドルの文化や宗教、人々の信仰心の深さを感じることができた一日でした。

そして、このセマナ・サンタの時期になると登場するエクアドルの伝統料理に「ファネスカ」というスープがあります。レンズ豆、エンドウ豆、そら豆、とうもろこし・・・など、12種類の豆や穀物が入っているのは、イエス・キリストの12使徒を表しているそうです。私も、ステイ先の家族が作ってくれたファネスカをいただきました。クリーミーな豆のスープに、アボガド・ゆで卵・焼きバナナをのせると、それもアクセントになってとても美味しかったです!

ちなみにこの時期は、ファネスカ作りのためにお店の卵がとぶように売れるため、いつもより少し高くなるそうです。家の近くのお店でも、いつも卵7個で1ドルなのが、1.5ドルに値上げされていました。優しいお店のお母さんが「卵を買うなら来週もう一度来たほうがいいよ。今日買うなら6個にしなさい、6個なら1ドルだから。」と教えてくれました。6個で1ドル、7個なら1.5ドル・・・謎の値段設定(笑)でも、せっかく親切に教えてくれたのでその日は6個にしました、という余談でした(^^)

それでは、今回はこの辺りで・・・。

次回は、エクアドルの絶景*キロトア湖についてご紹介したいと思います!それでは、Chao Chao(^^)/またね!