サーミヤコーチのスーダン滞在日記(千頭隊員は帰国しました)

RSS

千頭 佐和子
高知県

タイプ/職種
青年海外協力隊
青少年活動
派遣国
アフリカ
スーダン ハルツーム州ハルツーム市
一言メッセージ
砂漠の国スーダンのユースセンターに所属しスポーツ指導を行っています。専門はサッカー。スポーツを通じて子どもたちの笑顔を広げるお手伝いをしていきます。

 

活動先紹介④アルマアーリー高等学校

2019.05.23

活動

アッサラームアライクム!(こんにちは)

今回は私の活動先④であるアルマアーリー高等学校をご紹介します。

幼稚園、大学は男女共学ですが、

スーダンの学校は8年生の小学校、3年生の高校に分かれており、

基本的に男女別学です。

また、スーダンは体育の授業をはじめ、

美術や音楽などの情操教育を取り入れている高校は極めて少なく、

一般的な学校では7時半から14時まで、

休憩時間以外はずっと数学や物理や英語などの勉強をしています。

今思えば、体育、音楽などは基本的な知識を深めるだけでなく、

リフレッシュの一つになっていたようです。

今回ご紹介するアルマアーリー高等学校は、

ハルツームの中でも進学校であり、生徒数も多く、

かなり大きな学校のひとつです。

活動先紹介①で紹介させていただいた、

サハーファユースセンターの目の前に校長先生が住んでおり、

私が活動していたのを見ていたらしく、声をかけてくれました。

2018年のサマースクール(4月~6月)にお試しで授業をさせてもらい、

新学期からも、正式に体育を授業に組み込んでいただきました。

本来ならカリキュラムに入らない体育を取り入れてくれ、

学校の広場にバレーのネットを設置してくれたり、

欲しい用具はないか、新しいスポーツを教えて欲しい、

と常に活動を支えてくださいました。

なぜスポーツを取り入れようと思ったのか、

校長先生に聞いたところ、

「これからは、男女の差がない世界になる、

女子もいろいろなことができなければ。」

という答えをいただきました。

保守的な考え方が多いスーダンで、

校長先生の立場で、先進的な考え方をして、

子どもたちのために新しいことを

積極的に取り入れようとしてくれることに感動しました。

私の活動先で一番長くお世話になった学校でした。

今回も読んでいただいてありがとうございました。

次回は活動先⑤ナイル高等学校をご紹介します。