世界一暑い国の空から…

RSS

遠藤 浩之
茨城県

タイプ/職種
青年海外協力隊
青少年活動
派遣国
アフリカ
ジブチ ジブチ市
一言メッセージ
茨城県の中学校英語科教諭。現職教員特別参加制度を利用して,世界一暑い国ジブチで活動中。地域開発センター(CDC)で青少年にスポーツ及び文化活動の場や機会を提供しています。

 

8.ジブチでのピースウォーク

2019.01.27

文化 活動

こんにちは。

今回は昨年末に行われたアフリカピースウォークという国の一大イベントをご紹介します。

この行事は国の青年・スポーツ省が運営に携わっています。つまり私の受入れ省庁です。

そこで私もCDC(地域開発センター)の青少年たちとともにこの行事に参加しました。

500頃にCDC集合し,約20名の青年をバスで引率しました。

このイベントは,ジブチ市からバスでおよそ1時間かかるアルタという街で毎年行われています。

その名の通り,アフリカの平和を祈ってみんなでひたすら歩くという行事です。

ジブチ人だけでなく,エチオピア,イタリア,ソマリア,中国など様々な国の人々が参加していました。

活動先の同僚からのアドバイスを受け,私は日本の国旗を持って参加することにしました。

日本の国旗は珍しかったのか,いろんな人から何度も写真撮影の依頼を受けました。

15㎞の道なき道を行き,ほとんど山登りのようで辛かったですが,途中の休憩所もしっかり用意されています。

ちょうど同僚が担当している休憩所を見つけ,少しお手伝いをして,山登り再開です。

無事にゴールにたどり着き,帰りはみんなバスの中でぐったりでした。

ジブチ人と共に長い距離を歩き,たくさん話し,同じ困難を乗り越えて,少しジブチ人の中に溶け込めたような気がします。

日本の訓練所の掲示板にこんな言葉があったのを思い出しました。

forよりもwithwithよりも…in

ジブチ人の「ため」よりも,ジブチ人と「一緒に」,そしてジブチ人の「中で」活動していくことを心に誓った一日でした。

日本人としてのアイデンティティを保ちながら,これからもどんどん現地人化を図っていこうと思います。