世界一暑い国の空から…

RSS

遠藤 浩之
茨城県

タイプ/職種
青年海外協力隊
青少年活動
派遣国
アフリカ
ジブチ ジブチ市
一言メッセージ
茨城県の中学校英語科教諭。現職教員特別参加制度を利用して,世界一暑い国ジブチで活動中。地域開発センター(CDC)で青少年にスポーツ及び文化活動の場や機会を提供しています。

 

111.ÉNDOKAI⑮~50m走からの...~

2019.10.26

ENDOKAI 活動

こんにちは。2018年度1次隊ジブチ派遣(青少年活動)の遠藤浩之です。

今回はジブチのUNDOKAI(通称ÉNDOKAI)本番で行われた種目「50m走」の様子についてお伝えします。

事前の打ち合わせから,不安でいっぱいだった50m走。

というのも,ジブチ人のCDC職員との事前の打ち合わせで何コースまで準備するか検討したときに,(つまり一度に何人で走るかを検討したときに)13チーム全てが同時に走るという結論に至っていたからです。

さすがに,その人数では着順判定が難しいのではないですか?

「大丈夫。何人かは絶対に転ぶから‼」

「えっ!?そんな…。」

私としては6コース位にして,レース数を増やすのが妥当と思っていましたが,これは日本人的な考えだったのでしょうか?

日本的なやり方を押し付けるべきか,ジブチのやり方に従うか,これまた妥協点が難しいところでした。

そして実際に13人で走ってみることに。

そしてこれは案の定,13人で一度走ってみたのちに即却下されました...。

カメラマンからも「危険だ!!」との声。

予想通り,種目のルール変更。

人数を減らしてみるなど,本番になっていろいろ試行錯誤をする職員たち。

数十分経っても3レース程しか進まない。

そして,暑さで気力と体力が減りつつある中,参加者を一度に走らせて早く終わらせるための策として,最終的に落ち着いたのは,最後の種目であった「リレー」と合わせて行ってしまうという発想でした。

急遽,「50m走」兼「リレー」に変更。

それでも6レースほどしか行わず,水分休憩となってしまいました。

やはり「UNDOKAI」という名前ではなく,特殊なケースとして「ÉNDOKAI」にしておいてよかった...。

運動会とÉNDOKAIの違い④

日本の運動会:決まった人数でレースを行う。本番でルールが急遽変更されることはない。

ジブチのÉNDOKAI:大人数でも一斉にスタートしてみる。しかし,やはり危険と実感したら,本番でも試行錯誤しながら特殊な種目を創ってしまう。