世界一暑い国の空から…

RSS

遠藤 浩之
茨城県

タイプ/職種
青年海外協力隊
青少年活動
派遣国
アフリカ
ジブチ ジブチ市
一言メッセージ
茨城県の中学校英語科教諭。現職教員特別参加制度を利用して,世界一暑い国ジブチで活動中。地域開発センター(CDC)で青少年にスポーツ及び文化活動の場や機会を提供しています。

 

96.ÉNDOKAI③~練習Q2,Q3,Q4~

2019.09.25

ENDOKAI 活動

こんにちは。2018年度1次隊ジブチ派遣(青少年活動)の遠藤浩之です。

今回は,ジブチのUNDOKAI(通称ÉNDOKAI)の練習の様子についてお伝えします。

写真からも伝わっているでしょうか?

ハチマキをしっかりつけて,すでにUNDOKAIの雰囲気となっています。

3つのCDC(地域開発センター)が合同でÉNDOKAIの練習を実施しました。

ハジディデ,カルティエ3,カルティエ4と呼ばれるCDCです。

CDCの参加人数20名のはずが,それ以上に子どもたちが集まってしまいました。

あまりの多さに,特別参加の子どもたちで結成した白チームも作ることになりました。

活動推進員を中心に,ÉNDOKAIの目的や当日に行う予定の種目を説明し,練習に入りました。

CDCの職員である活動推進員にとっても,ÉNDOKAI運営の練習となります。

着順判定や子どもたちの誘導などをしてもらいました。

何よりチームごとの点数を出すというところが難しい様子でした。

今までやったことのない取り組みなので,当然かもしれません。

他の隊員にも協力していただき,活動推進員のÉNDOKAI運営力の向上を図りました。

暑さの関係で,1時間ほどで練習は終了。

本番も参加者及び職員がこの暑さにどれだけ耐えられるか,そしてどれだけ彼らのモチベーションが続くのかがカギになりそうです。

子どもたちは大変満足して,この日の練習を終えました。

職員も満足している様子。

日本人からすると課題だらけに感じてしまうのですが…。

例えば・・・

徒競走の種目実施時に,チームごとの人数調整ができていない。

・着順判定がいい加減。

予定していた種目のすべては実施できていない。

長縄の際,チームを組む参加者以外の子どもが,やりたさのあまりに勝手に入ってきてしまう。

などなど。

この日の練習終了後,職員で反省会を開きました。

・人数が多すぎて収集がつかないから,減らすべきではないか?

・長縄一斉跳びは,各チームから1名ずつ同じ縄に入り,引っかかった人から脱落していく種目にしてはどうか?

などの意見が職員から出ました。

しかし,それではチームワークを育むというÉNDOKAIの目標が達成できないということを説明し,納得していただきました。

目的を明確にしておくことで,何を優先するべきかを考える指標になると思います。

論理的に説明することで納得してもらえることは,ここジブチでも多いなと感じています。

自身の語学力もですが,言語にかかわらず説明力の向上も図っていきたいと思いました。

他のCDCでの練習についても今後紹介していきたいと思います。