Petit à petit(ぷてぃたぷてぃ)ベナン協力隊記

RSS

古田 拓志
大阪府 ★新規執筆者

タイプ/職種
青年海外協力隊
コミュニティ開発
派遣国
アフリカ
ベナン リトラル県 コトヌー市
一言メッセージ
タイトルは公用語である仏語で、「少しずつ」という意味。小ガニからサメまで食べられる漁港から、西アフリカの生活をPetit à petit、お届けします。

 

ベナンのひんやりスイーツ特集

2019.11.28

文化 漁港

師走の候、寒さも日毎に増している日本国内かと存じます。平成の夏を最後に、ずっと冬を感じることができていない私は、こたつや温泉、ラーメンを夢に見る日々を過ごしております。現実のここベナンは酷暑多湿の雨季が終わり、サハラの砂塵を含む貿易風ハルマッタンが吹き荒れる乾季に突入しました。

そこで今回は、私の活動先であるコトヌー漁港で食べられる、ひんやりスイーツをご紹介します。

まずは、冒頭の「アパン」。これはトウモロコシの粉を練ったものです。氷と練乳、そして、タピオカをたっぷり混ぜて食べます。イメージとしては、練乳をかけたかき氷にタピオカが入っているような感じです。お昼ご飯の後に小腹が空いて、ついつい買ってしまうひんやりスイーツです。(こちらのタピオカは白いです)

続いては、「レンゲ」です。世界最小のパスタと呼ばれる「クスクス」に、練乳と氷を混ぜて食べます。

表現するのは難しいのですが、練乳をかけたごはんに氷が入っているそんな感じでしょうか?残念ながら、私の口には合いませんでした。

最後は、アイスコーヒーです。

ちなみに私の地元、大阪ではアイスコーヒーのことをレイコーと呼んだりもします。さて、そんなベナンのアイスコーヒーですが、インスタントコーヒーに、水と氷と練乳を混ぜて飲みます。一緒にフランスパンを買って、コーヒーに浸して食べるのが人気です。

さていかがでしたでしょうか?ベナンのひんやりスイーツ特集。まとめると全部「練乳」です。食べ過ぎには注意が必要ですね。ここで紹介した食べ物については、あくまで私個人の感想なので、もし、コトヌー漁港にお立ち寄りの際は、ぜひ食べてみてください。

注意事項

途上国で氷を食べることは、衛生上、推奨されていません。氷を作るための水が綺麗でないないことが多いためです。ここコトヌー漁港は、日本の無償資金協力で整備されており、魚の鮮度を保つための清潔な氷を製氷する日本製の機械が寄付されています。