JICA海外協力隊の世界日記

人類みなアミーゴダイアリー in BRASIL(廣瀬隊員は帰国しました)

プロジェクト第一弾 スケジュール ~夢の続き④~ さわやかNo,92

【プロジェクトスケジュール】

小西さんと北古味さんとともにスタートさせたプロジェクトは,さらに協力・御支援してくださる人の輪が広がり,どんどん形が大きくなってきています。
具体的にブラジル側・パラグアイ側とも連絡を取り合い,細かな内容を決定していっています。

これまで決定しているスケジュールは以下の通りです。

01/21 ブラジル到着
01/22 ニッポンブルージェイズ での野球教室(サンパウロ州)
01/23 リオデジャネイロでの野球教室(リオデジャネイロ州)
01/24 コーペルコチアでの野球教室(サンパウロ州)
01/25 ウベルランジアでの野球教室(ミナスジェライス州)
01/26 インダイアツーバ での野球教室(サンパウロ州)←廣瀬が2年間活動していた場所です
01/27 サンパウロへ移動
01/28 パラグアイ到着
01/29 イグアスでの野球教室
01/30 ピラポでの野球教室
01/31 ラ・パスでの野球教室
02/01 アスンシオンに移動
02/02 アスンシオンで野球教室
02/03 日本へ向けて出発

【たくさんの子どもに出会えそうなスケジュール】

プロジェクトのスタートはブラジルから。
サンパウロの中心部では,ニッポンブルージェイズとコーペルコチアという,ブラジル野球界の中でも歴史があり,力のある2チームにお邪魔します。さらにブラジル野球界を牽引するチームになっていただくため,小西選手が技術を伝えます。

そして,その他にリオデジャネイロとウベルランジアといった,これから野球を発展させようとしている地域にもお邪魔します!
特にウベルランジアは野球への熱が今もの凄く,大人から子どもまで初心者が多い中でも熱心に取り組まれているそうです。
小西選手が訪問することで,さらなる野球の熱を盛り上げ,ブラジル野球の発展に繋がっていってくれることを期待します。

そしてブラジル最後の地はインダイアツーバ 。昨年の7月まで2年間私がお世話になった配属先。大きな目的にエミリーと小西選手が会うというのがありますが,またそれだけでもなく,インダイアツーバは市をあげて体育事業の一環として『野球』の普及に力を入れています。インダイアツーバ 日伯文化体育協会野球部OBの指導者が,子どもの時に教わった日本式野球から学んだことを,地元の公立小学校へまわり,未経験の子どもたちにも野球の楽しさを伝える活動をしています。
その地元の子どもたちも大勢参加の予定なので,未経験の子どもたちが野球にのめり込むようなイベントになることを目指したいと思います。

ブラジル訪問の後は,お隣の国パラグアイ。
パラグアイで訪れる場所は,主に日系移住地です。日本人の方がパラグアイに持ち込まれた日本の野球がいまだ残る地域へお邪魔します。

今回のプロジェクトは,JICAブラジル事務所・パラグアイ事務所にもご協力いただき,また現在活動中の日系社会ボランティアのみなさんにもそれぞれの地で,野球教室のサポートをしていただくことになっています。
私自身,1年間一緒に活動したボランティアの仲間と再開できることがとても嬉しい!

現地の野球協会,チーム・指導者のみなさんそしてボランティアの皆さんを含むJICAが協力してくださり,一つの大きなプロジェクトが形になります。

関わってくださっているみなさんに心から感謝。必ず良い機会にしましょう!
よろしくお願い致します!!

SHARE

最新記事一覧

JICA海外協力隊サイト関連コンテンツ

  • 協力隊が挑む世界の課題

    隊員の現地での活動をご紹介します

  • JICA 海外協力隊の人とシゴト

    現地の活動・帰国後のキャリアをご紹介します

  • 世界へはばたけ!マンガで知る青年海外協力隊

    マンガで隊員の活動をご紹介します

TOPへ