岩月美樹の中南米、グアテマラ生活!

RSS

岩月 美樹
岡山県

タイプ/職種
青年海外協力隊
コミュニティ開発
派遣国
中南米
グアテマラ サカテペケス県アンティグア市
一言メッセージ
岡山県倉敷市出身、高校生の時からの夢であった協力隊に2018年6月から参加。現在、グアテマラの小さな村でコミュニティ開発(村落開発)隊員として、村の観光開発と教育に携わる活動をしています!

 

グアテマラの祝日 × 死者の日

2019.12.02

人 文化 生活

みなさん、こんにちは!中米グアテマラで、コミュニティー開発隊員として活動をしている、岩月美樹です。今回は、グアテマラの祝日の1つ、「死者の日」についてご紹介します!

11月1日は、グアテマラを含め、中南米の多くの国では「死者の日」という祝日です。これは日本のお盆のような日で、家族や親戚が集まり、墓地を訪り、故人を偲ぶ日です。

ピクサー映画のリメンバーミーでは、グアテマラではなくメキシコの死者の日が描かれています。グアテマラでも、あの映画のような雰囲気と風習がみられます。

私の家では、11月1日の朝から親戚が集まり、ホストマザーはフィアンブレという死者の日に食べる伝統料理を作り始めました。フィアンブレは、肉類、魚類などが入った大きなサラダで、パンと一緒に食べる料理です。
昼前に家族はお墓参りに行き、お昼からみんなで昼食のフィアンブレを食べ、夕食の時間までずっと家族と一緒に団らんの時間を過ごしました。グアテマラは、本当に家族の愛と絆が強い国で、グアテマラのこのような所は、日本も少し見習わないといけないとよく思います。

また、11月3日が私の誕生日であったため、夕食では、家族と親戚がサプライズで、早めの誕生日会を開いてくれました。ウイスキー好きの私とホストファザーは、ウィスキー交換をしました。私は日頃の感謝を込めて、ホストファザーからは誕生日のお祝いとして。
残り7ヶ月と思うと、もう既に悲しくなるくらい、私はホストファミリーのことが大好きです。
また世界日記でも、そんな私の大好きなホストファミリーをご紹介をしますね!

写真1:死者の日の伝統料理、フィアンブレ
写真2:家族と親戚との写真
写真3:ホストファザーとのウィスキー交換