マダガスカルからマナオーナ!

RSS

牧田 亜実
奈良県 ★新規執筆者

タイプ/職種
青年海外協力隊
看護師
派遣国
アフリカ
マダガスカル バキナンカラチャ県 アンツィラベ郡
一言メッセージ
奈良県の病院を退職後マダガスカルに派遣され、現在はアンツィラベの村を巡回し栄養改善や学校保健の活動を行っています。

 

#6マダガスカルでTVデビュー!

2019.10.08

活動

マナオーナ!(こんにちは)

今日は、先日首都で行われたテレビ撮影についてお話します!

今回、TV番組出演の機会を頂き、活動で作成している離乳食レシピを披露してきました。

また、普段任地で共に活動しているAC(保健ボランティア)さんも首都に来てくれて一緒に出演することができました。

もちろん、マダガスカル人の彼たちにも初めての経験であり、私以上に緊張していましたが、周りのスタッフにも助けてもらい楽しく撮影することができました♪

昨年に続き今回で2度目となるボランティアの料理番組撮影、前回よりメニューを増やし10品をボランティア8人で分担して撮影することになりました。

撮影期間はなんと合計6日間、メニューの考案や買出し、調理物品の準備などもボランティア自身で行います。

そのため、撮影期間は相当しんどい、と念押しされていましたが、終わってみれば楽しい撮影でした!

撮影はもちろんマダガスカル語、周りのスタッフももちろんマダガスカル人。

言語の不安も少しありましたが、特に問題なくスムーズに進み自分でもびっくり!

撮影日は、ちょうどマダガスカルに来て1年の日。1年前に比べると私のマダガスカル語も成長したようです。

楽しい撮影で、調子に乗りマダガスカルの歌なども歌ってしまいましたが、放送後の周囲の反応を今さら気にしています。

前回撮影した先輩隊員によると、街を歩いていると放送後は料理名で呼ばれたり、かなりの反応があるようです。

今から放送が楽しみです!