まるタイ日記(丸山隊員は帰国しました。)

RSS

丸山 栞
東京都

タイプ/職種
青年海外協力隊
日本語教育
派遣国
アジア
タイ トラン県 ムアントラン郡
一言メッセージ
縁あって2度目のタイ。1度目のときに住んでいた東北部とも比較しながら、南部の暮らし、タイのあれこれをレポートしていきます。

 

飛行機

2017.03.07

人 生活

今日が、期末試験の最終日。さすがにテスト週間だけあって、生徒たちは通学途中も、復習を欠かしません。
2月27日から3月7日までのテスト期間中、中学生と高校生は1日ずつ交替で、試験を受けにきます。英語、数学、タイ語、理科、社会、音楽、保健体育などの共通科目のみ、この期間中に一斉にテストが実施されます。

その間、わたしは試験監督をしました。教室のうしろに座ると、くつしたに巨大な穴が開いている生徒、定規を忘れてボールペンのまっすぐな部分で線を引こうと頑張る生徒、時間を持て余して机で寝ている生徒、隣の席から何度も修正液を借りている生徒など、さまざまな人間模様が見えます。それでも、平常の授業時に比べれば、テスト中はとても静かです。そのぶん、いつもは生徒たちのにぎやかな声にまじって聞こえない、飛行機の音がはっきりと耳に届きます。

実は、ウィチェンマトゥ学校は、トラン空港のすぐ隣にあります。音がするなぁと思って空を見上げると、校舎からも飛行機が見えるんですよ。上の写真では少し小さいですが、もっと近くに見えることもあります。いまはもう、日常にとけこんだ光景ですが、あらためて耳を傾けると、さまざまな人の旅立ち、帰郷に思いを馳せ、はるかな気持ちになります。