みんなあのねのセネガル便り(西村隊員は帰国しました。)

RSS

西村 綾介
神奈川県

タイプ/職種
青年海外協力隊
青少年活動
派遣国
アフリカ
セネガル サンルイ州サンルイ市
一言メッセージ
ボクでなきゃ!キミでなきゃ!たわむことのできるしなやかな軸をもって、子どもたちの笑顔のために力を合わせて頑張ります。

 

みんなあのね、「ただいま」

2017.07.04

その他 人 文化

626日の午後、セネガルのダカールから飛行機に乗り、

2日間かけて日本へ帰ってきた。

青年海外協力隊としての任期満了。

あっという間の2年間。

幸せな日々だった2年間。

毎日セネガルを思い出すということはないと思うけれど、

一生忘れないかけがえのない2年間。

「あなたのおかげで2年間がんばることができた。」

と伝えたいたくさんの「あなた」に出会えた。

本当にありがとう、あなたのおかげで、

こうして笑顔で日本に帰ってくることができました。

あなたがいたから、

辛いとき、苦しいとき、任期を短縮しようと思ったとき、

もうどうでもいいやと投げ出してしまおうと思ったとき、

自分にできることはないかと踏ん張ることができた。

うれしいことに出会ったとき、心が動いたとき、

あなたとその喜びや感動を分かち合いと思った。

きれいごとばかりでない青年海外協力隊としての暮らし。

すべてがうまくいくわけではないセネガルでの日々。

ハッピーエンドにならないこともたくさんあったけれど、

それらすべてを含めて、

私はセネガルに青年海外協力隊として派遣して頂き、

心からよかったと思う。

感謝の気持ちでいっぱいで、

どのようにしてお礼を伝えられるだろうかと考えている。

私は、620日(火)に首都ダカールへ上がることになっていた。

その前の週、16日(金)まで活動があり、

任地サンルイを離れる前は、少しドタバタしてしまった。

お世話になった人に挨拶をしに行ったり、

お別れ会を開いていただいたり、

大好きなサンルイの町を歩いて写真を撮ったり、

気が付けば、ダカール行きの車に乗っていた。

「バ、バ、バ」

帰国前の挨拶のときに、たくさんの人にかけてもらった言葉のひとつ。

バは私のセネガルでの苗字である。

セネガルでは、挨拶のとき、

握手をしながら相手方の苗字を3回繰り返すことで、

相手への敬意や信頼を伝える。

活動先の同僚や地域の人々に「バ、バ、バ」と

声をかけて頂けたことが嬉しかった。

私も握手をしながら相手の苗字を3回繰り返した。

2年間お世話になった方々へ尊敬する気持ちを込めて。

そして、左手で握手をした。

セネガルで挨拶をするとき、握手をすることは自然なことである。

しかし、普段は右手で挨拶をする。

別れるときに、右手でなく、左手で握手をする。

私が左手を差し出すと「右手で握手してよ」と言うセネガル人もいたが、

いつ戻って来られるかわからないし、

もう会えない可能性も高いと思って、

さようならの挨拶と感謝の気持ちを込めて、左手で挨拶をした。

自然と涙がこみあげてきた。

アフリカ大陸の最西端に位置するセネガルと、

アジアの島国、日本は、とても遠い。

怒る、怒る(いかる)、腹が立つ、頭にくる、キレる。

怒る表現はたくさんあるのに、

涙がこみ上げるこの気持ちを伝える言葉は、

なかなか見つからない。

2年間、セネガルから1歩も出ずにいた私。

久々の日本についたとき、成田空港では雨が降っていた。

しとしとの雨、むしむしした空気。

「あぁ、日本に帰ってきた」と思った。

そのとき、ふと1人のタリベを思い出した。

その子は、私の開くアトリエに来ていた子どもで、

活動が2年目に差し掛かるころ、ちょうど雨季の始まりで

雨が降って来たときのこと、

彼は、「今日はターだね」と言った。

その日の雨は、日本の梅雨のようにしとしと降っていて、

雨が降る音をターと表現したのだ。

「そうだね、ターだね」と返したのを思い出した。

成田に着いた瞬間、

セネガルでの日々が急に遠い過去になってしまったようで、

すこし寂しくなった。

子どもたちは、お世話になったセネガルのみんなは

いま、なにをしているだろう。

1週間前は、まだ確実にセネガルにいたのに、

それが嘘のようである。

自宅に戻り、スーツケースを開けると、

セネガルで買った色鮮やかな布や

挨拶のときに頂いたお面のプレゼント、

現地で現像した写真たちが出てきて、

たしかに私はセネガルにいたのだと不思議な気分になった。

私は写真を撮ることが好きで、

多い時は一カ月に1000回シャッターを切ることがあった。

その11枚に思い出がある。

もう帰国した私ですが、

この場をお借りして、もう少しだけ、

「あのね、セネガルでこんなこともあったよ」と

お伝えしたいと思っている、私の見たセネガルを。

まだまだ伝えたいセネガルがある。

セネガル、気に入らないところもあるけれど、

いい国なので、ぜひ。ね。

もう少しだけ、お付き合いください。