みんなあのねのセネガル便り(西村隊員は帰国しました。)

RSS

西村 綾介
神奈川県

タイプ/職種
青年海外協力隊
青少年活動
派遣国
アフリカ
セネガル サンルイ州サンルイ市
一言メッセージ
ボクでなきゃ!キミでなきゃ!たわむことのできるしなやかな軸をもって、子どもたちの笑顔のために力を合わせて頑張ります。

 

みんなあのね、「聖地へ」

2016.10.21

文化

先日、トゥーバという町を訪ねた。

セネガル中部に位置するジュルベル州東北部の都市トゥーバは、

イスラム教ムーリッド教団の聖地であり、

創始者のアーマドゥ・バンバが埋葬されている地として有名だ。

偶像崇拝を禁ずるイスラム教であるが、

彼の肖像はタクシーや乗り合いバスの前面にぶら下がっていたり、

町の商店に飾られていたり、目にする機会が多い。

トゥーバには、1963年に建設された西アフリカ最大級のモスクがある。

トゥーバの語源は、アラビア語で「幸福」という意味らしい。

トゥーバはセネガル国内にありながら特別な自治区となっていて、

教育、医療、飲用水の供給、市場の運営、土地所有権などは、

セネガル国家とは独立して管理されているそうだ。

信者が暮らす教団の本拠地トゥーバは、

教義に基づく独自の運営がなされているということだ。

住民サービス、水や土地などの供給を国家に代わって

教団が行うかわりに信者は献金を行うのだ。

助け合いの精神、相互扶助の精神で成り立っているトゥーバ。

残念ながら、私が訪問した時は改修中であったが、

イスラム建築に魅了されてしまった。

首都ダカールからは

セットプラスと呼ばれる都市間乗り合いタクシーで

3時間半から4時間ほどで行くことができる。

私の任地サンルイからは3時間ほどだ。

セネガルにお越しの際は、

足を運んでみてはいかがだろう。