ウガンダデイズ♪ (近江隊員は帰国しました。)

RSS

近江 佳永
北海道

タイプ/職種
青年海外協力隊
コミュニティ開発
派遣国
アフリカ
ウガンダ ムベンデ県
一言メッセージ
JICAボランティアとして日々活動しているからこそ見える、ウガンダのナマの様子を綴っていきます!

 

*鳥王国・ウガンダ!*

2015.05.13

文化 生活

ここウガンダ、実はたくさんのがいることで、鳥マニアには有名です。1000種類は超えているそう!

長ーーーい望遠レンズをつけた立派なカメラを持っている外国人が、鳥を撮影しようとしている姿を見ることもしばしば。

私の任地でも、綺麗な青い鳥や黄色の鳥をよく見かけます。

国立公園にいくと、さらに多くの鳥たちを見ることが出来ます。

アフリカンフィッシュイーグル、キングフィッシャー、などなど、挙げるとキリがありません。

数多くの鳥がいますが、今日はウガンダの国鳥をご紹介します♪

その名もカンムリヅル

上の写真のように、頭に黄色の冠がのっているような鳥です。

ウガンダの国鳥ではありますが、初めてカンムリヅルに会えたのはタンザニアだったので、

少々複雑な気分でしたが。(笑)

これまでも、ウガンダ国内でカンムリヅルを見たのは片手で数えられるほど。

おまけに私はカンムリヅルを見つけるのが下手なのか、

他の人が見つけて教えてくれても、

「え、どこ??」

と、気づかないことが多々…。(苦笑)

そんな私にとっては、かなりレアなカンムリヅル。

この鳥がウガンダの国鳥になったのは理由があります。

ウガンダには沢山の民族がおり、各民族ではシンボルとなる鳥を決めているそうです。

でも、カンムリヅルは今までどの民族のシンボルになっていません。

どの民族のシンボルにもなっていないということから、この鳥が国鳥になっても、誰にとっても不平等さはありません。

その公平さを意味し、1962年のウガンダ独立に際して、カンムリヅルがウガンダの国鳥となったそうです!

先日、実は任地でも初めてカンムリヅルを発見出来ました!

今度はいつ出会えるか楽しみですね~♪