ゆっくりのんびり、一歩ずつ

RSS

齊藤 ゆり
静岡県 ★新規執筆者

タイプ/職種
青年海外協力隊
障害児・者支援
派遣国
大洋州
バヌアツ シェファ州 エファテ島ポートビラ市
一言メッセージ
ゆかいな仲間達と、障害者支援協会の療育クラスで活動しています。

 

あそびの研究

2019.11.07

活動

こんにちは。 嬉しいことがありました。 それは、一緒に働くボランティアさんが遊びのワークショップを開催してくれたことです。 毎日のクラスでのアクティビティは、準備が簡単な塗り絵などになってしまうことが多いです。幼い子には難しく、付き添いのお母さんが全部完成させてしまうこともしばしば。 私も何とかしなくては。と思いつつ、中々子どもたちに合う遊びが浮かばず、そのままにしていました。 同じ考えを持っていた彼女は、「まず私たちが遊んでみよう!」と声をかけてくれました。

食紅やコーンスターチで作った不思議な絵の具。 砂浜でできた火山と粘土。 泡いっぱいのスライムなど、面白い遊びの数々。 子どもが喜ぶ顔が自然に思い浮かびました。 同僚も笑顔いっぱいのワークショップでした。 何より、私が一番はしゃいでいました。

遊びのアイディアだけではなく、やってみることの楽しさと大切さも知りました。 そして相談することの大切さも。 ちょっとずつ、クラスのアクティビティをもっと面白くしていけたら、良いなぁ。そう思う1日でした。