マンゴーの樹の下で(坂本隊員は帰国しました。)

RSS

坂本 麻子
京都府

タイプ/職種
日系社会シニア・ボランティア
日系日本語学校教師
派遣国
中南米
ブラジル パラー州 ベレン市
一言メッセージ
ハイスピードで過ぎていく生活を日々書き留め、アマゾンでの体験をいろいろな角度からお伝えします。

 

◆カラオケ◆

2015.12.15

文化

地区対抗カラオケ大会、紅白カラオケ大会、東北六県カラオケ大会、

が毎年開催されるだけでなく、

他にも、誕生日会だの、忘年会だの、

運動会以外のすべてのイベントで、

行われているのではないかというぐらい、

日系社会の方たちはとにかくカラオケが大好き。

カラオケ愛好会はもちろん、

その会員でなくても、カラオケ好きはたくさんいらっしゃいます。

審査員として大会に参加することがよくあるのですが、

プロ並みに上手い人がいて驚かされることは少なくありません。

日本語が話せない若い世代も、歌詞の内容がわからなくても、

完璧な日本語で歌います。

リストで探すのが面倒臭いからと、歌のタイトルと番号を書いた、

「カラオケノート」を持っている方も。

日本でもカラオケは楽しまれていますが、

ここの楽しみ方は日本と違います。

ただ歌を楽しむだけでなく、

人と人とのふれあいを生む場となっています。

普段、ブラジル社会の中のいろいろな所で生活している人が、

同胞を求めて自然と集まってくる場。

みんなが知っている言葉が、みんなが知っているメロディに乗り、

一緒に歌えるその喜びは、

言葉や文化の違う社会で暮らしているからこそ、

味わえるものなのでしょう。

ある方は「日本語で日本の歌を歌うことで日本人になれる」

とおっしゃいます。

世代に関係なく、自分は日本人であるということが感じられる

カラオケはそういうものなのかもしれません。