笠戸丸の風

RSS

清水 邦俊
千葉県

タイプ/職種
日系社会シニア・ボランティア
学芸員
派遣国
中南米
ブラジル サンパウロ州サンパウロ市
一言メッセージ
日系移民の歴史、アーカイブズ、サンパウロでの衣食住、はたまた日本の歴史の四方山話を綴っていきます。

 

第17話 今日は何の日?

2019.06.18

移民の歴史

1908年6月18日(木)、ブラジル時間の午前7時、笠戸丸がサントス港に到着しました記念すべき日です。

この日から、日本人のブラジル移住の歴史が正式に始まったと言えるでしょう。

そして、その日は湾内で仮伯しました(宇佐美昇三著『笠戸丸から見た日本』)。

翌日、同港の第14埠頭へ船を着け、乗船者がサントスの地に上陸し始めたのは、翌19日午前7時半ごろであった(藤崎康夫著『サントス第十四埠頭』)

同年4月28日午後5時50分、神戸港から抜錨して51日後のことでした。

1枚目の写真は、サントス港第14埠頭へ着岸した時の笠戸丸の写真。

2枚目は、野上隼夫画「神戸港を出港する笠戸丸」の写真。

歴史的なこの日を忘れない。

それではまた

 ~笠戸丸の風を受けて~