JICA海外協力隊の世界日記

パラオと私とときどき海

普段の活動ー授業①:算数

Alii! (こんにちは)

今回から、私のガラスマオ小学校での普段の活動について書いていきます。

今回は、一番メインで教えている算数について書いていきます。

◯Math Heroドリルの普及

一番大きな目標としては、これまでのパラオの隊員が行ってきたMath Heroという計算ドリルの活動を全てのクラスで行ってもらえるようになるように補助を行っています。ガラスマオ小学校は私が初めての隊員ということもあり、これまであまりその普及が行われていませんでした。

ガラスマオの先生たちは意識としては、「一度教えたことなのになんでできないの?」という意識が強く、あまり計算練習を行いません。なので、練習が足りていないために計算が苦手な生徒が多いです。

そのため、日本で行っているような計算ドリルを実施することで少しでも練習量を増やしていくことが狙いです。

◯Math Heroドリルとは

Math Heroドリルは写真のような感じで、1回につき5分程度で計算練習を解いていきます。

日本の小学校で行っている計算ドリルのようなものです。

私の活動している学校は人数も少ないこともあり、ドリル活動をして丸つけをした後、その時間中に全員が問題の直しができるまで個別に確認しながら指導しています。

◯「課題」は継続的に行ってもらうようにすること

今後は、ガラスマオ小学校の先生たちだけで、Math Heroドリルの活動を進めていけるように工夫していく予定です。

ガラスマオ小学校の先生は新しいことも積極的に取り組んではくれるものの長期的に続けることは苦手です。

ドリル活動を取り入れた当初は積極的に進めるてくれていましたが、私が補助で入っているクラス以外では途中で止めてしまっていたクラスや、やっていても間違えた問題の直しはしていなかったりとなかなか思っていた通りには進んでいないクラスも多くあるので、その辺りをちゃんと進めていけるようにするのが今後の課題です。

Me a uriul!(それではまた)

SHARE

最新記事一覧

JICA海外協力隊サイト関連コンテンツ

  • 協力隊が挑む世界の課題

    隊員の現地での活動をご紹介します

  • JICA 海外協力隊の人とシゴト

    現地の活動・帰国後のキャリアをご紹介します

  • 世界へはばたけ!マンガで知る青年海外協力隊

    マンガで隊員の活動をご紹介します

TOPへ