”おいしい”を世界に‼~モロッコ料理修行~(露口隊員は帰国しました。)

RSS

露口 聖代
三重県

タイプ/職種
青年海外協力隊
料理
派遣国
中東・欧州
モロッコ テトゥアン県 テトゥアン市
一言メッセージ
モロッコの人たちはよく笑い、よく食べ、よくしゃべる!みんなで食卓をともに、料理でおいしい国際交流をしていきます!!

 

モロッコ冬の定番スープ

2017.01.12

文化 生活

アッサラ―ムアライコム!明けましておめでとうございます!!

イスラム歴の新年は11日ではないので、モロッコでは新年感はあまりありませんが、元旦はやはり初日の出を見よう!と屋上に上がってみたら、隣の建物でまったく見えなかった…という2017年の幕開けです!

モロッコ今は日本と同じく冬です。気温は15℃ぐらいでしょうか?

アフリカなのに冬?!とこちらに来る前は思っていましたが、モロッコにはちゃんと四季があり、それぞれの季節によって気候がまったく違います。

モロッコは北アフリカに位置し、大西洋と地中海に面しています。海側の地域は冬でも比較的暖かいそうなのですが、内陸部は寒さが厳しく、一部では雪が積もり、なんとスキー場もあるそうです!

私のいるテトゥアンは、直接海には面していませんが、地中海に近いからか、そこまで寒くはなく過ごしやすいです。

さて、今日はモロッコの冬のスープを紹介したいと思います。

(冬じゃなくても年中食べていますが!)

“ビサラ”というこのスープ、モロッコ全土で食べられているのですが、北部の方がメジャーなようです。

作り方は、乾燥そら豆(または乾燥グリンピース)を、クミン、ニンニク、塩と一緒にことこと煮て、ミキサーでピューレ状にしたら完成!仕上げに唐辛子、クミン、たっぷりのオリーブオイルをかけてホブス(モロッコパン)といただきます。簡単なので、私は家でもたくさん作って、冷凍保存しておきます。

街のビサラ食堂で食べても一杯5dh~8dhくらいなので、冬場は何かにつけてよく行きます。(1dhは約12円、モロッコのレストランでは、パンは無料‼)

「冬の寒~い日に、アツアツのビサラを食べれば元気になるよ‼」と、仕事を早々に切り上げて、同僚とビサラを食べに街へ繰り出す…モロッコ人はビサラで元気になって、その後お昼寝したりします。

モロッコではこんなギャグ?があるそうです。

出来の悪い生徒に対して、先生が

「あなたの頭には脳みそが入っていますか?それともビサラですか?」

…けっこう的を得たユーモアセンスと感じるのは私だけでしょうか?