モロッコ・ノスノス日記

RSS

ハ下田 侑恵
栃木県

タイプ/職種
青年海外協力隊
美容師
派遣国
中東・欧州
モロッコ シディカセム県
一言メッセージ
初めて体験するイスラム文化での生活や、美容師の卵たちと繰り広げるモロッコ美容情報をご紹介していきます。

 

送別会

2019.09.26

活動

「JICAボランティアあるある」

配属先であるセンターのセンター長の交代です。

センター長は、各県に「家と車」が用意されているため、異動はよくあることみたいです。

どこの国でも2年間活動をしていると、関係者の交代はよく聞きます。

モロッコに赴任して約1年、大切な人との初めてのお別れです。

シディカセムに着任したその日から、センター長は、生活のサポートや仕事のサポートをしてくれました。

JICAボランティアを受け入れることは、メリットだけではないと思います。

配属先には、様々な負担もあります。

通常業務でも忙しいセンター長なのですが、着任時は必要書類の作成などがありました。

他の人に依頼するのではなく、センター長が用意してくれたことを覚えています。

いつも私の昼食を心配してくれて、サンドイッチやハンバーガー、チキンなどを用意してくれました。

(これは他の人に依頼してます。支払いはセンター長です。)

シディカセムの隣の県にセンター長は住んでいるため、

「クスクス(食べ物)」や「ハマム(公衆サウナ)」が好きだというと、同僚に声をかけ、同僚のお家の食事や同僚のお家への宿泊を手配してくれました。

毎日顔を見せないと怒られ、滞在時間が少ないと文句を言われ、そんな1年間を送ることができたことは、とても幸せでした。

JICAボランティアの要請を出してくれたのもセンター長です。

彼がいなければ、私は今ここにいません。

「送別会」は関係者が企画し、盛大に行われました。

センター長の入場から始まります。

センター長も女性職員もすでに泣いていて、ちょっとびっくりです。

始まりの言葉から、リレー方式でセンター長に感謝の言葉が贈られます。

私もと勧められましたが、言葉を考えているうちに次のイベントに移ってしまいました。

こういう時に、言いたいことが言えるように、『語学を勉強しよう』とやる気になります。

記念品の贈呈とケーキカットです。

ここから写真撮影会の始まりです。

テーマパークのキャラクターのように、順番待ちをして写真を撮ります。

こういう光景をみると、センター長がどれだけ愛されていたかがわかります。

私もちゃっかり写真撮りました。

その後1週間、残っている業務のためにセンターに毎日出勤してきました。

同僚の女性たちは、引き継ぎ手続きが終わった日に泣き、最終日の昼休憩前にも泣いていました。

その度にびっくりしている私は、泣くタイミングを失ってしまいます。

本当にこれが最後だなと思った時、言えなかった感謝の言葉を伝える事ができました。

私もウルウルきていたのですが、そばで聞いていた女性の同僚が号泣していました。

モロッコ人の感情の豊かさを感じました。

モロッコ国内をよく旅行する私からすると、センター長の新しい赴任先は、決して遠すぎません。

毎日は会えなくなりますが、永遠の別れではありません。

残り1年の間に、絶対に訪問すると約束しています。

新しい県のセンターでも、すぐにみんなから愛されるセンター長となり、バリバリ仕事をしている姿が想像できます。

私のセンターは、新しいセンター長がまだ着任しないので、センター長不在のまま新年度が始まります。